×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:アツィナナナの雨林
地域:南部アフリカ
所在国:マダガスカル共和国
登録年:2007 遺産の種類:自然遺産
該当登録基準:(ix)(x) 登録基準を参照
概要:6000万年前に大陸から切り離されて以来、マダガスカルの動植物は独自の進化を遂げてきた。「アツィナナナの雨林」はこの国の東側にある6つの国立公園から成っており、この島の地理的な歴史を反映している固有の生物多様性を存続するために必要な、現在も続いている生態系のプロセスを維持するために極めて重要である。多くの種が希少で絶滅危惧種であり、とりわけ霊長類、キツネザルがそうである。不法な伐採と絶滅危惧種のキツネザルの狩猟が原因で2010年に危機遺産リストに登録された。紫檀や黒檀の伐採と輸出が法令で違法とされているにもかかわらず、マダガスカルでは不法に伐採された木材の輸出を規制しないままとなっていることや、輸出先の国が世界遺産条約を批准していることが、世界遺産委員会から指摘されている。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」