×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:知床
地域:東アジア
所在国:日本国
登録年:2005 遺産の種類:自然遺産
該当登録基準:(ix)(x) 登録基準を参照
概要:世界遺産「知床」は北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が登録の対象となっている。半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域であり、冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。この流氷により大量のプランクトンが運ばれるため、サケなどの豊富な魚介類が生息している。サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマやオジロワシなどに捕食される。これらの動物の排泄物および死骸は、植物の栄養素として陸地に還元される。
このような、海と陸との食物連鎖を見ることのできる貴重な自然環境が残る点が高く評価されている。日本で初めての海洋を含む自然遺産登録物件。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」