×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:ウム・エル=ラサス(キャストロ・メファ)
地域:西アジア
所在国:ヨルダン・ハシェミット王国
登録年:2004 遺産の種類:文化遺産
該当登録基準:(i)(iv)(vi) 登録基準を参照
概要:ウム・アル=ラサス遺跡は、ローマ軍による駐屯地として始まり、5世紀ごろから町として発展していった。この遺跡は未だ考古学的な発掘が行われていない。ローマ、ビザンツ、初期イスラム時代(紀元後3世紀末から9世紀)の遺構や、要塞化されたローマ軍駐屯地がある。また、この遺産には16の教会が含まれており、そのうちのいくつかはモザイクによる床面が良好な状態で残存している。とりわけ重要なのが聖スティーヴン教会の床のモザイクであり、この地域の町が描かれている。登塔者(柱や塔の上で暮らす修行僧)の世界では有名な、2つ四角い塔があり、おそらくこの習慣に関する現存する唯一の遺構である。またこの遺産は乾燥地における古代の農耕の跡に囲まれており、遺産の中にもその跡が点在している。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」