×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:白川郷・五箇山の合掌造り集落
地域:東アジア
所在国:日本国
登録年:1995 遺産の種類:文化遺産
該当登録基準:(iv)(v) 登録基準を参照
概要:飛騨地方の白川郷(岐阜県大野郡白川村)と五箇山(富山県南砺市)にある合掌造りの集落。具体的には、白川郷の「荻町」と、五箇山の「相倉」、「菅沼」の三つの集落がある。
合掌造りは、江戸時代から始められた養蚕のため、屋根裏に棚を設置したのが始まりと言われており、豪雪による雪下ろしの作業軽減と屋根裏の床面積拡大のため、急な角度を持っている特徴的な茅葺屋根を有している。
合掌造りを守る地域住民の連携形式の「結(ゆい)」により、補修や茅葺の葺き替えが30年~40年に一度は行われている。合掌造りの民家は現在も居住が行われており、観光地化はプライバシーの侵害にもつながってしまうという難しい問題もはらんでいる。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」