×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:白神山地
地域:東アジア
所在国:日本国
登録年:1993 遺産の種類:自然遺産
該当登録基準:(ix) 登録基準を参照
概要:白神山地は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がる山地で、人の手が加えられていないブナの原生林からなる地域。世界遺産登録以前には弘西山地(こうせいさんち)とも呼ばれていた。 全体の面積は13万haでそのうち約1万7千ha(169.7km2)がユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。青森県側の面積はそのうち74%の 126.3km2を占め、残る43.4km2は秋田県北西部にあたる。白神のブナ林は、日本では特異なものではないが、開発による影響がない原生林は極めて珍しい。ブナが主な植生である生態系には、竹(ササ)、クマゲラ、ニホンカモシカ、ツキノワグマなどが含まれ、生態系として相互に影響しあっている。地球の冷温帯の生態系、特にユーラシアブナ林生態系形成に関する研究及びこの個別の生態学的群生のモニタリングのためにも重要である。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」