×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本情報

遺産名:ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ
地域:北アメリカ
所在国:カナダ
登録年:1981 遺産の種類:文化遺産
該当登録基準:(vi) 登録基準を参照
概要:アルバータ州の南西部、カルガリーの南東、ポーキュパインの丘に位置する、紀元前3500年以上前からアメリカ先住民が利用していた野牛のバッファロー(正式にはアメリカン・バイソン)の狩猟場跡。
幅300m、高さ18mの崖があり、崖の西には広大な草原地帯が広がっている。この草原に生息していたバッファローを崖へと通じる道(ドライブ・レーンと呼ばれる)へと追い込み、崖から落として捕まえていた。ドライブ・レーンには意思による道標があり、崖の周囲には火を焚いていた痕跡が認められる。崖下で動けなくなったバッファローを解体し、肉は食料に、骨や毛皮は生活用具や衣服に利用された。


ツアー・ホテルを探すなら最低価格保証の旅行サイト エクスペディア 最低価格保証のエクスペディア:マイクロソフトから独立した世界最大の旅行サイト

Googleによる検索結果

Loading...

地図

Loading...

写真/動画検索結果

Loading...
Loading...

Menu

名称から選択


ホームへ戻る
エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」